画像処理
最新情報
製品紹介
導入事例
製品ナビ
サポート
よくある質問
各種資料
ソリューションパートナー
プロフィール
画像処理関連リンク
資料請求
お問い合せ・お申し込み
ご購入にあたって
画像処理に関する最新情報を無料でお知らせいたします。
メールマガジン
関連情報
ソリューション・製品:
ソリューション・製品一覧

 概要   機能   開発の流れ    仕様構成   対応カメラ一覧   
 

フロー開発ツール搭載 画像処理ツール

BREVINAGEは、“Brevity(簡単)”に、“Image(画像)”を、“Manage(管理)”する事ができる、画像処理ツールです。
フロー開発ツールには、フロー形式(プログラムレス)でコーディングすることによりアルゴリズムを構築できる機能、デバッグに有効な画像モニタリング機能、周辺機器をコントロールする制御機能、そして、実行モジュールを生成するコンパイラ機能が搭載されており、産業用画像処理のあらゆるシーンに対応可能です。

 
特長

・産業用画像処理に特化した、高速・高精度を有する画像処理ツール
・フロー開発ツールにより、開発工数を大幅に削減可能
・ユーザー独自の画像処理機能を組み込むことにより、ユニークなシステムを構築可能
・ユーザーアプリケーションへ検査結果画像やデータの受け渡しが可能
・完全自社開発ソフトウェア
・外部制御機能を搭載しているので、周辺機器とも容易にコミュニケーション可能
 

開発の背景

BREVINAGEの画像処理エンジンは、業界トップクラスの検査精度・速度を有するキヤノンITソリューションズ株式会社製「RobustFinder」を採用しています。


RobustFinder
1998年の製品リリース以来、産業界のあらゆる要件に応えながら、産業用画像処理ライブラリの業界スタンダードとして進化を続けてきました。RobustFinderは“オープンアルゴリズム”という開発思想の基、画像処理アルゴリズムの“見える化”に大きく貢献してきました。
 


近年、画像処理装置の開発現場では、処理内容や開発環境の多様化・複雑化に伴い、開発工数の短縮・効率化が課題となってきております。
そこで、キヤノンITソリューションズ株式会社はRobustFinderを核とし、その機能・性能を効率よく最大限に生かすためのフロー開発ツールを開発しました。このツールを使えば専門的な知識を要さず、簡単に画像処理アルゴリズムの開発・デバッグ・装置導入が可能となります。
 
 

BREVINAGE 製品カタログ
(2.52MB)

この製品に関するお問い合せ

このページのトップへ

(C)Canon IT Solutions Inc. サイトのご利用について | 個人情報の取り扱いについて